資料
ダウンロード

お問い合わせ
フォーム

メニュー

冬季セールと祝日に向けたプロモーションが鍵…オリナスが教える『11月』のSNSプロモーション

2021.10.31 SNS全般

街路樹がきれいに色づき、路面に積もった落ち葉に秋の深まりを感じる時期になりました。気温が一段と下がり、月も中ごろを過ぎれば秋の終わりとともに冬の訪れを感じる日も。11月はちょっぴりひんやりとした空気を感じつつ日中は気持ちの良い秋晴れが多く、自然と出かけたくなりますよね。行楽地の紅葉は美しく、地産の味覚に食欲もわく季節です。

今回は、そんな過ごしやすくトピックスが盛りだくさん!年末に向けて多くの業界で消費動向が徐々に活発化する11月に打ち出したいSNSプロモーションをご紹介しますので、ぜひご参考にしていただければと思います。

こんなお悩みありませんか?

・SNSマーケティングに興味はあるが何から始めたら良いかわからない

・SNSマーケティングにどのような効果があるかわからない

・どのSNS媒体を活用したら良いかわからない

そもそもなぜSNSが必要なのか?どのSNS媒体が適切なのか?という基礎知識からコンテンツの企画方法や事例まで、SNSマーケティングの基礎を24ページの資料にまとめました。

1.SNSで見られる「11月」顧客の動き

11月は過ごしやすい秋晴れが多く、旅行や行楽をはじめ、密を避けたスポーツやキャンプなども楽しめますね。10月の”ハロウィン”や12月の”クリスマス”のような大きなイベントごとはないものの、さまざまな業界で「◯◯の秋」に絡めた販促活動が最も盛り上がりを見せるシーズンです。「食欲の秋」や「読書の秋」をはじめ、「睡眠の秋」「美容の秋」など「秋だから◯◯!」と言う理由付けで、消費者の購買意欲は自然と掻き立てられます。

また、油断はできないもののコロナの影響が少しずつ落ち着きを見せはじめ、観光業界や外食業界などでも11月からの販促アピールがしやすくなってきました。ユーザーも今まで消費を我慢してきた分、家族や友人、パートナーと一緒に楽しめる商品や体験を積極的に探し始める時期です。

10月末のハロウィンが終わり11月に入ると、街は一気にクリスマス・年末モードに切り替わります。冬のボーナスの使い方を考えはじめたり、お歳暮やクリスマスプレゼント選び、年末年始の過ごし方を計画する時期でもあります。

さらに11月下旬には、年末商戦の幕開けを告げる「ブラックフライデー」も。アメリカ発祥のこのイベントは近年日本でも定着しつつあり、ユーザーも冬物購入や年末セールの一つとして注目しているイベントです。

11月は、ユーザーの高まる消費意欲を見逃さず、自社商品の魅力的を余すことなくアピールできる施策で販促につなげましょう。

2.シーズンを見逃さない!「11月」のプロモーションのポイント

①「〇〇の秋」を打ち出そう!

企業によっては自社の商材をイベントや祝日に絡めづらい場合もありますよね。そんな時に活躍するのが「〇〇の秋」です。秋は「読書の秋」や「芸術の秋」などの表現が昔から使われるシーズン。観光業界であれば「旅行の秋」、フィットネスや健康用品関連の業界であれば「スポーツの秋」や「睡眠の秋」、外食業界やお取り寄せ・グルメ系は「食欲の秋」など、前述の通り「〇〇の秋」は、さまざまな業界であてはめることが可能な万能ワードであり、SNSプロモーションの企画に絡めることが可能です。

また、よく聞く定番のフレーズに加え、より自社の商材にあったワードを考えてオリジナリティのある「〇〇の秋」を作成してみるのもユーモアがあり、ユーザーの目にとまりやすくなるでしょう。

クリスマス・年末商戦前の盛り上がりに、自由度が高い秋の施策で販促に繋げるのも効果的です。

②クリスマス・年末フェア

10月末のハロウィンを終え11月に入ると、世間は一気にクリスマスモードへ突入!街中はクリスマスイルミネーションがきらめき、各地の名所では競う合うようにイルミネーションイベントが開催されます。

クリスマスムードが漂うと同時に、人々の意識は年末モードにも切り替わります。12月のボーナスの使い道を検討したり、一年頑張った自分へのご褒美など、年末ならではの特別感に自然と消費者の購買意欲が高まる時期です。

クリスマスプレゼントの準備にあわせたプロモーションはもちろん、少しずつ年末を迎える準備を始めるこの時期に、お歳暮や年越しなどと絡めたプロモーション企画も整えておきましょう。

SNSを活用した商品やサービスの予約早割や購入特典、まだ尾を引くコロナ渦でなかなか会えない人への少し贅沢な贈り物など、通常の施策よりもユーザーが「特別」を感じる企画や商品選定が重要になります。

③ブラックフライデー

近年、日本でも開催されている「ブラックフライデー」。アメリカで生まれたこのイベントは、11月の第4木曜日とされる感謝祭の翌日、金曜日にクリスマスセールがスタートし、小売り店の売り上げが大幅に黒字となることからブラックフライデーと呼ばれるようになったそうです。

ブラックフライデーは、タイムセールと絡めるなどWeb媒体との相性も良いことから、SNSプロモーション単体に限らず、他のWeb媒体への導線作りにも有効です。

特別価格の商品やサービス、限定の福袋などでSNSプロモーションを打ち出して、フォロワー獲得や集客につなげましょう。

④記念日を活用しよう

ハロウィンやクリスマスに挟まれて大きなメインイベントがない11月ですが、一年を通して記念日が最も多い月であることをご存知でしょうか。

「いい夫婦の日」など、11月は「いい」と読めるため、日付の語呂を合わせた記念日が豊富にあり、ユーザーが記念日ネタを好むSNS媒体とも相性がよいため、プロモーションに絡めやすい月でもあります。

自社の商材にあった「いい〇〇の日」を見つけて、オリジナリティやユーモア溢れる施策を企画するのもおすすめです。

3.「11月」有利な業界

次に、11月のSNSプロモーションに有利な業界を見ていきましょう。

温かな日差しとカラッとした空気が心地よい11月ですが、日に日に気温が下がり、とくに朝晩の冷え込みは冬の訪れを感じさせるほどに。日々の寒暖差に体調管理が難しい季節でもあります。

あわせて長引くコロナ禍で、ヘルシー思考や自己管理の意識を高めるユーザーは多く、衣料・食品・生活用品・美容コスメ・ヘルスケアなどの幅広い業界で、「体を温める」「体調管理」「心と体の健康」など、時勢と季節をあわせたテーマで積極的なアプローチが可能です。

観光業界では、コロナ化の状況緩和を受けて徐々に消費者の足が戻ってきています。コロナ対策が万全であることや、蜜にならない贅沢な個室、部屋付きの露天風呂や眺めのいい景色、お部屋で頂けるお食事など、仮に部屋を一歩も出なかったとしても滞在を楽しめるような、よりプライベートで贅沢さを全面に押し出したプランが求められています。SNSプロモーションにおいても、特別感たっぷりのプランを景品としたキャンペーン施策がおすすめです。

また、業界の垣根なく多種多様な商材で、お歳暮やクリスマスギフトに向けたSNSプロモーションにユーザーの関心が高まる時期。コロナ収束に気を抜かず、今年いっぱいはなるべくステイホームで様子を伺おうという方も多く、おうち時間を充実させるアイテムやおこもり美容、プチ贅沢など、いつもよりワンランク上の体験を提供できるようなこだわりのアイテムで販促につなげるのも効果的です。

4.冬季セール開始、祝日需要を活かしたプロモーション事例

文化の日・勤労感謝の日

業界によっては、一見プロモーションを企画しづらいと感じるかもしれない11月の祝日ですが、機転をきかせた面白みや温かみのある投稿を発信している企業もあります。

無理に絡める必要はありませんが、ユーモアやオリジナリティが時に「バズる」可能性も。SNSユーザーに好まれる傾向にある祝日ネタを取り入れて、ブランドや商品のファン獲得、販促につなげましょう。

11月22日 夫婦の日

「いい〇〇」の語呂合わせの中で、メディアの取り上げも多くトレンド入りしやすい記念日「いい夫婦の日」。SNSユーザーの間でも認知度は高く、毎年多くの企業アカウントから投稿が行われています。

ジュエリー業界など直接的に”結婚”や”夫婦”を結び付けられない商材でも、”ふたりの時間”や”ハート”など愛情を表現できるものであれば投稿内容として成立するため、様々な業界で投稿企画を立てやすくポジティブなネタとして拡散する傾向にあるため、初めてでもチャレンジしやすい日と言えます。

ブラックフライデー

冬季セールの開始を告げるブラックフライデー。前述の通り、ここ数年日本でも定番のセールイベントとなっています。

実店舗はもちろん、ECサイトでも盛んに行われているブラックフライデーは、SNSでのイベント告知だけではなく、SNS媒体のフォロワー獲得に絡めたキャンペーンを企画するなど、本格的なクリスマスや年末年始商戦前の山場づくりにも活用されています。

5.まとめ

ここまでお読みいただきありがとうございます。『11月』のSNSプロモーションについてはいかがでしたでしょうか。

11月はSNSユーザーが好む日付の語呂合わせや記念日を上手く活用し、自社の商品やサービスにマッチしたオリジナリティあふれる企画を打ち出せるかがプロモーション成功への一つのカギとなります。「いい夫婦の日」や「ポッキーの日」など、すでに認知度の高い記念日や「いい推しの日」など”今”盛り上がりを見せている記念日も豊富にあるので、ぜひ自社の商材にあわせたSNSプロモーションの企画にチャレンジしてみてください。

とは言え、どのSNS媒体が自社の商材と相性がよいのか…?キャンペーンの賞品は具体的に何を用意すれば効果的なのか…?など、日々な悩まれているマーケティングご担当者様も多いのではいでしょうか。

そんな時は、SNSマーケティングのプロフェッショナルに相談してみるのもひとつの手です。オリナスでは、SNSの各媒体運用はもちろん、企業公式アカウントのコンサルタントからキャンペーンや広告運用等のスポット施策まで、アカウントの課題や自社運用のお悩みを丁寧にヒアリング。課題改善や目標達成に向けたサポート施策をご提案いたします。

SNS運用に関する無料のホワイトペーパーもご用意しておりますので、ぜひダウンロードしてご活用ください。

こんなお悩みありませんか?

・SNSマーケティングに興味はあるが何から始めたら良いかわからない

・SNSマーケティングにどのような効果があるかわからない

・どのSNS媒体を活用したら良いかわからない

そもそもなぜSNSが必要なのか?どのSNS媒体が適切なのか?という基礎知識からコンテンツの企画方法や事例まで、SNSマーケティングの基礎を24ページの資料にまとめました。

お気軽にお問い合わせください

サービスに関するお問い合わせ、ご質問、ご不明点などございましたらお気軽にご連絡ください。
課題やニーズをお持ちの場合には、当社より無料で企画提案を行わせていただきます。

お電話でのお問い合わせ

03-6382-6840

営業時間:平日10:00~18:00

メールでのお問い合わせ

お問い合わせフォーム