資料
ダウンロード

お問い合わせ
フォーム

メニュー

フォロワー1万人以下でもできる!Instagramから外部リンクに誘導する方法

2022.4.8 Instagram

これまでアカウントのフォロワーが1万人以上いないと利用できなかったストーリーズでの外部リンク挿入機能。ワンタップでオンラインショップや商品紹介サイトに遷移させることができるので、1万人を目指して運用されていた企業アカウントも多かったのではないでしょうか。

しかし2021年10月から1万人に達していなくても 、リンクステッカーの活用で外部リンクの挿入が誰でも簡単にできるようになりました。そんな外部リンクステッカーに関してこの記事では、ステッカーの使い方と、活用している企業事例をご紹介いたします。

こんなお悩みありませんか?

・他の業務との兼務でSNSアカウント運用の手がまわらない

・自社アカウントの効果測定ができておらず成果が測れない

・女性に刺さるコンテンツが何か分からない

1,000件以上の企業様のSNSマーケティングを手掛けてきたオリナスが、企業目的に合ったSNSの選定から自社の強みを生かせるコンテンツの企画までどのようにサポートしているのか、プランやこれまでの実績について資料にまとめました。

「外部リンクステッカー」の使い方

 Instagramのフォロワーを外部サイトに誘導するときに効果的なリンクステッカー機能。早速、どのように活用するのか一つずつ紹介していきます。

まずは基本の使い方

外部リンクステッカーを挿入するには、ストーリーズ画面を開き、投稿する画像を選択し、上部にある四角い顔マークボタンをタップします。

すると、ハッシュタグやQ&Aなど、様々なステッカーが表示されるので、その中からクリップマークに「リンク」と表示されている外部リンクステッカーを選択します。

ここまで来たら、実際にリンクを追加します。あらかじめ挿入したいリンクをコピーしておくか、この画面でリンクをコピーしてきても構いません。

URLの部分にリンクをペーストし、リンクを貼り付けることができました。

正しくできているか不安な場合には、青文字の「プレビューを見る」を選択して確認しましょう。遷移させたいリンクに無事飛ばせることができれば、問題なくリンクの追加ができています。

完了を押すと、実際に表示されるストーリーズの画面を見ることができます。

自由に場所を動かすことができるので、好きな場所に設定しましょう。ステッカーをタップすると文字色の変更も可能です。

テキストの変更方法

~.jpなどリンク名を見せたくないといった場合はテキストの変更がおすすめです。

外部リンクステッカーのテキストは、自由に変更することができ、リンクのURLを挿入する画面で設定が可能です。

URLの下、「スタンプテキスト」のところに表示させたいテキストを入力します。

今回は多くの人にタップしてもらえるように、「タップしてね」と入力しました。

完了ボタンを押すと、テキストが変更されたステッカーの完成です。

自由に場所を設定しましょう。

外部リンクステッカーを使用する際の注意点

ストーリーズの外部リンクスタンプを利用する際の注意点は、以下の3つです。

①追加できるリンクは一つまで

②バージョンが古いと利用できないことがある

③ガイドラインに反したリンクを貼らない

一つずつ解説していきます。

<ポイント①> 追加できるリンクは一つまで

ストーリーズの外部リンクスタンプは、複数のリンクを貼ることができません。

共有、誘導したいリンクが複数ある場合には、複数のストーリーズに分けるか、それらがまとまったサイトに誘導できるようにしましょう。

<ポイント②> バージョンが古いと利用できないことがある

使っている Instagramのバージョンが古いと外部リンクスタンプが利用できない場合があります。

もし利用できない場合には、最新のアップデートを確認し、それでもダメな場合には少し待ってみると使用できるようになるかもしれません。

<ポイント③> ガイドラインに反したリンクを貼らない

ストーリーズの外部リンクスタンプでは、ガイドラインに反したリンクを貼らないようにしましょう。

外部リンクスタンプに限ったことではありませんが、 Instagramでは、コミュニティガイドラインに反する行動をしているアカウントは機能に制限がかかります。

ガイドラインに反するリンクを貼ることで、外部リンクスタンプが使用できなくなることがあるので注意しましょう。

企業の活用事例

実際に外部リンクスタンプを活用している企業を3社紹介していきます。

それぞれ外部リンクスタンプを使用して外部に上手く誘導しているので、ぜひ参考にしてみてください。

カスタマイズせずに直接リンクを挿入した事例

初めは、アパレルブランド「ユニクロ」の活用事例です。

ストーリーズではセール情報を主に扱っており、外部リンクを使用してセールのページに誘導できるように設定されています。

セール情報をただ公開するだけではなく、その場でリンクを通して飛ぶことができるので、ユーザーの購買意欲を掻き立てたまま公式ページに持っていくことが可能になります。シンプルに「~.com」といった形式でリンクステッカーを活用していますが、すぐ上に「アイテムをチェック↓」とステッカーを目立たせていることもポイントです。

一方投稿では、新作情報の公開やコーディネートの紹介、服のお手入れ方法を主に取り扱っています。投稿では長めの動画を載せることができるので、お手入れ方法など一定のユーザーに焦点を当てたコンテンツを制作しています。多くの人の目に触れるストーリーズでセール情報のリンクをうまく活用することで、公式ページへの誘導へとつなげています。

画像引用元:ユニクロ公式Instagram

テキストをカスタイマイズした事例

お洒落な家具やインテリア雑貨をオンラインショップで販売するLOWYAのInstagramストーリーズでは、リンクステッカーのテキストをカスタマイズして活用しています。「商品を見る」といったユーザーの行動を促す文章にすることで、文章通りに動いてしまい商品ページへ誘導しやすくなります。

画像引用元:LOWYA公式Instagram

JOURNAL STANDARD relumeの活用事例

JOURNAL STANDARDが展開するアパレルブランド「JOURNAL STANDARD relume」のリンクステッカー活用もぜひ参考にしたい点が詰まっています。

ストーリーズ投稿のイメージと合わせて絵文字をポイント使いしたり、英語表記にするなど広告感なく自然にステッカーを配置しています。

また、リポスト投稿しているストーリーズでは、商品の購入ページに遷移するようリンクステッカーを活用しているほか、リポスト元に遷移するとユーザーによる着用コメントが分かるようになっています。そのためこのストーリーズを見たユーザーは、「気になったらリポストされている投稿に遷移し着用コメント、着丈感を写真で確認→戻って今度はリンクステッカーをタップして商品購入ページへ」といった購買への導線が上手く作られています。

画像引用元:JOURNAL STANDARD relume公式Instagram

まとめ

この記事では、 Instagramストーリーズ機能でおすすめな外部リンクステッカーについて紹介しました。今回紹介した企業の活用例のように、新商品やセール情報の公開など活用方法は様々です。ぜひ外部リンクステッカーの使い方をマスターして、ユーザーの誘導に活用しましょう。

こんなお悩みありませんか?

・他の業務との兼務でSNSアカウント運用の手がまわらない

・自社アカウントの効果測定ができておらず成果が測れない

・女性に刺さるコンテンツが何か分からない

1,000件以上の企業様のSNSマーケティングを手掛けてきたオリナスが、企業目的に合ったSNSの選定から自社の強みを生かせるコンテンツの企画までどのようにサポートしているのか、プランやこれまでの実績について資料にまとめました。

お気軽にお問い合わせください

サービスに関するお問い合わせ、ご質問、ご不明点などございましたらお気軽にご連絡ください。
課題やニーズをお持ちの場合には、当社より無料で企画提案を行わせていただきます。

お電話でのお問い合わせ

03-6382-6840

営業時間:平日10:00~18:00

メールでのお問い合わせ

お問い合わせフォーム