資料
ダウンロード

お問い合わせ
フォーム

メニュー

【図解付き】Twitter広告ガイド – 効果的な活用方法から成功事例まで

2022.11.25 2022.11.29 Twitter
Twitter広告 OGP

SNSの普及によって企業の広告形態も大きく変化し、現代でSNS広告は幅広いユーザーへ情報を届けることのできる有用なメディアとなっています。

企業はユーザーへの認知向上、情報配信のために、SNS広告の利用方法やその効果を正しく理解し、実際に活用する必要が出てきました。

本記事では、

  • Twitter広告とは何か
  • 種類や費用相場
  • Twitter広告を利用するメリット
  • Twitter広告の利用法やポイント
  • などについて、実際の成功事例を紹介しながら解説していきます。

    Twitter広告とは?

    Twitter広告とは、Twitterの投稿機能を利用してプロモーションを行う広告のことです。

    アカウントをフォローしているユーザー以外にも、ターゲットユーザーのタイムラインへ自動的に表示することが可能です。

    企業の商品宣伝だけでなく、自社サイトへの誘導やプレスリリースなど広報面での活用など幅広く多彩な情報発信が可能です。

    また、広告が「リツイート」や「いいね!」機能によって拡散されることで、広告にかけた費用以上の効果を得ることができるため、費用対効果が高い特長があります。

    Twitter広告のメリット

    まずは、Twitter広告にはどんなメリットがあるのかについて解説します。

    主なメリットは以下の3つです。

  • 拡散性が高い
  • 細かくターゲティングができる
  • 広告フォーマットが豊富
  • 拡散性が高い

    Twitterにはユーザーが投稿をシェアできるリツイート機能が存在します。

    リツイート機能を使用すればフォロワーのそのまたフォロワーへと二次拡散されますが、この二次拡散には広告費用は掛かりません。

    費用をかけずにリーチできる数が雪だるま式に増えるのは、拡散性の高いTwitterならではの強みです。

    細かくターゲティングができる

    Twitter広告では、ユーザーのデモグラフィックデータ(年齢、性別、職業、学歴など人口統計学的なデータ)だけでなく、どのようなことに興味があるのかといった興味関心に関連するターゲティング項目がweb広告と比べて豊富です。

    ピンポイントで届けたいユーザーを狙えるため、自社商品やサービス情報を求めているユーザーを指定して届けることが可能です。

    広告フォーマットが豊富

    フォーマットの種類については以降で解説しますが、動画型やカード型、ユーザー参加型の投票機能をつけた広告などバリエーションがあります。

    どのような広告タイプが効果があるのかも検証しながら運用できるため、目的や広告内容によって最適な広告を選択し運用することが可能です。

    【配信目的別】Twitter広告でできること

    では、実際にTwitter広告でどんなことができるのか、配信の目的別に解説していきます。

    ブランド認知度の向上

    Twitter広告では、企業アカウントのフォロワー以外にもターゲティングしたユーザーのタイムラインに広告を表示できます。

    そのため、今まで企業のことを知らなかったユーザーの興味を引くことができ、ブランドに対する認知度向上を図ることが可能です。

    マーケティング項目で広告の配信対象を選択することで、指定したユーザーへブランドを知ってもらうことができることも大きな魅力です。

    フォロワー数の増加

    ユーザーが広告内容に興味を持つことで、アカウントのプロフィールへ誘導することができ、継続して情報を得たい人によってフォローされます。

    広告自体が魅ユーザーの興味関心を引く魅力的な広告を配信出来ていたり、遷移した先のアカウントプロフィール内容や過去投稿さらに興味関心を惹きたて、フォロワーを増加させることが可能です。

    また、商品やサービスだけでなくTwitterアカウント自体を広告として宣伝することができます。

    ユーザーがアカウントの紹介文に興味を持てばワンクリックでフォローできるため、アカウントの認知度とフォロワー獲得を同時に行うことができます。

    ツイートのエンゲージメント数上昇

    エンゲージメント数とは、ユーザーが投稿に対して反応した回数のことです。

    いいね!やリツイートによって投稿は拡散されるため、エンゲージメント数が多ければ多いほど話題になります。

    しかし、Twitterの一般的な投稿はフォロワーのタイムラインにのみ表示されるため、リツイートなどの拡散が無ければエンゲージメント数はフォロワーの数に依存しています。

    Twitter広告であればフォロワー以外の多くのユーザーに対して投稿を表示できるため、投稿を見るユーザーの母数を増やすことでエンゲージメント数の増加を図れます。

    サイトへの流入数増加

    Twitter広告では投稿の中にURLを含むことができるため、投稿に興味を持ったユーザーをサイトへ誘導することができます。

    Twitterの投稿可能字数は140字と少ないため、サイトで詳細な情報を確認したいというユーザーも多いです。

    例えば遷移先で得られる情報の要点を箇条書きにまとめた投稿をTwitter広告として配信し、ユーザーがサイトを見に行きたくなるような、行動力を煽る投稿ができればサイトの流入数は大きな増加を見込めます。

    動画再生数の上昇

    Twitter広告では、文字や写真だけではなく動画を投稿することも可能です。

    文章や写真だけではわかりにくい内容でも、動画を使って分かりやすく伝えられます。

    また、文章や写真中心のTwitterでは動画投稿が目につきやすく、投稿が表示されれば再生ボタンをクリックせずとも自動的に流れるため視認性が高いです。

    Twitter広告として多くのユーザーに動画を再生してもらうことで、動画再生数の上昇を図れます。

    ブランドメッセージを伝える

    ブランドメッセージとは、ブランドがどんなことを行っているか、世界観を端的に伝えるメッセージのことです。

    ブランドの世界観や「らしさ」を端的に伝えられるブランドメッセージは、ユーザーにどんなブランド/企業イメージかを知ってもらう大きな助けになります。

    Twitterの投稿は140字という短い文章でユーザーに情報を伝えるメディアであるため、ブランドメッセージのようなユーザーの印象に残る文章を伝えるには最適なメディアといえます。

    アプリのインストール数増加

    Twitter広告では、文章や写真・動画以外にもアプリのダウンロードを促す広告が多く存在しています。

    ワンクリックでアプリダウンロード画面まで誘導できるため、多くのアプリは実際に活用している様子を文章や画像、動画で表しユーザーの興味を引きアプリのインストール数増加を図っています。

    またTwitter広告のターゲティング機能を利用して、アプリに興味関心があり、高い確率でインストールするユーザーを対象に宣伝できるため、インストール数増加も行いやすいです。

    アプリのエンゲージメント数上昇

    アプリのエンゲージメント数とは、アプリのダウンロード後、実際に継続して利用したユーザーの数のことです。

    アプリはインストールしてもらうだけでは意味がなく、実際に継続して利用してもらうことが重要です。

    Twitter広告はもともとアプリに対して興味関心があるであろうユーザーに対してインストール増加を図っているため、エンゲージメント数の上昇にも期待できます。

    Twitter広告の種類(フォーマット)

    Twitter広告には主に3つの種類があります。

  • プロモツイート
  • プロモアカウント
  • プロモトレンド
  • それぞれの特徴やメリットを順番に解説していきます。

    プロモツイート

    ※参照:Twitterビジネス-プロモ広告

    プロモツイートとは、ユーザーのタイムラインに投稿される広告です。

    一般のツイートとの区別として、「プロモーション」と表示されるため広告だと一目でわかる仕様になっています。

    基本的に通常のツイートと変わらずコメントやいいね!、リツイートなどが行われますが、ターゲティングしたユーザーであればフォロワーでなくても投稿が表示されるというメリットがあります。

    また、二次拡散によってユーザーのフォロワーへと広告が広がることにも期待できるため、低い費用に対して高い効果を得られる可能性があります。

    プロモアカウント

    プロモアカウントとは、ユーザーがフォローしていないアカウントがおすすめユーザーとして表示される広告です。

    こちらもアカウント名の下に「プロモーション」と表示されます。

    ユーザーが興味を持ちそうなアカウントが広告として表示されるため、企業のフォロワー増加を図ることができるメリットがあります。

    プロモトレンド(Twitterテイクオーバー)

    ※参照:Twitter for Business-広告クリエイティブの仕様

    プロモトレンドとは、タイムラインの横の「いまどうしてる?」や、検索画面の「おすすめトレンド」に表示される広告です。

    指定したハッシュタグをトレンドの最上部に表示することができるため、ハッシュタグによって拡散されたり、イベントを多くのユーザーに広めるといった認知拡大に繋げることが可能です。

    プロモトレンドは国内のすべてのユーザーから見られるため、とにかく多くのユーザーへ情報を届けたいときに有効です。

    Twitter広告の課金方式と費用相場

    Twitter広告には、2種類の課金方式が存在します。
    それぞれの方法と費用相場について解説します。

    課金方式

    Twitter広告では目的ごとに、それぞれ異なる課金方式が存在しています。Twitter広告の主な課金方式は以下の通りです。

    課金方式課金対象費用相場
    リーチインプレッション数(ツイートのインプレッション1,000件あたりのコスト)1,000インプレッションあたり400円~650円
    動画の再生数動画の再生数(コストパービュー)1再生あたり5~20円
    プレロール再生数プレロール再生数(コストパービュー)1再生あたり5~20円
    アプリのインストール数インプレッション数(推奨)またはアプリのクリック数1インストールあたり100~250円
    ウェブサイト訪問数リンクのクリック数(コストパークリック)1クリックあたり24円~200円
    エンゲージメント数エンゲージメント数(CPE)1エンゲージメントあたり40~100円
    フォロワー数フォロー数(コストパーフォロー)1フォローあたり40~100円
    アプリのリエンゲージメント数アプリのクリック回数(コストパーアプリクリック)1エンゲージメントあたり40~100円
    参照:Twitter広告ヘルプセンター-Twitter広告の料金

    入札方式

    Twitter広告では、広告キャンペーン開始後、自動的にTwitter広告オークションに参加することになります。

    このオークションで、同一のターゲティングを行っている競合企業の広告金額を上回らなければ、ユーザーのタイムラインに表示されることはありません。

    また、広告の料金だけでなく品質も考慮され、オークションの勝敗は「広告スコア(入札額 × 品質スコア)」で決定されます。

    単に高額な料金を設定すれば表示されるというわけではないため注意しましょう。

    広告を配信する権利の入札方法は、以下の3種類です。

    自動入札最小限の費用(予算内)で最大の結果が得られるように入札額が最適化されます。
    上限入札単価請求可能なアクションごとに支払う金額を細かく管理できます。
    目標入札単価フォロワー数、ウェブサイト訪問数、リーチ、アプリのインストール数、アプリのリエンゲージメント数キャンペーンの目的で選択できるオプションです。請求可能なアクションごとに支払ってもよい入札額を指定できます。
    参照:入札とオークションに関するよくある質問

    Twitter広告における3つのターゲティング方法

    Twitter広告では主に3つのターゲティング設定があります。

  • テイラードオーディエンス
  • オーディエンスの特性
  • オーディエンスの条件
  • それぞれの特徴やメリットを順番に解説していきます。

    テイラードオーディエンス

    「テイラードオーディエンス」とは、アカウントや広告が所有する独自データリストをアップロードするタイプのターゲティング方法です。

    活用にはオーディエンスリスト、ウェブサイトのアクセスデータリスト、モバイルアプリのユーザーデータリストの3つの種類があります。

    オーディエンスリストでは特定のユーザーをターゲティングするためにユーザーのメールアドレスや、Twitterの@から始まるユーザー名を使ってターゲティングができます。

    ウェブサイトのアクセスデータリストは、サイトに最近アクセスしたユーザーをリスト化してターゲティング設定する方法です。

    データの取得には、Twitter広告から利用可能なタグを予め設定しておく、もしくはTwitter公式のパートナー会社で得ることが可能です。

    モバイルアプリのユーザーデータは、アプリ上でインストールや登録などを行ったユーザーに向けて広告配信をします。

    アプリを使ったユーザーのデータは、コンバージョントラッキングで収集可能です。

    それぞれ注意として、データの少なさからターゲティングの規模が小さくなってしまったり、データのアップロードに手間がかかる場合があります。

    オーディエンスの特性

    「オーディエンスの特性」とは、性別、年齢、地域、OSバージョン、プラットフォーム、端末モデル、携帯電話会社などデモグラフィック項目でターゲティングした手法のことで、以下が主な項目になります。

  • 性別
  • 年齢
  • 地域
  • OSバージョン
  • プラットフォーム
  • 端末モデル
  • 携帯電話会社
  • 細かなターゲットの属性を設定することで、最も広告に適したユーザーに対して広告を配信できるとともに、不要な層への広告費を削減することができます。

    Twitter広告に限らず、一般的な広告でも設定される基本的な広告手段といえます。

    オーディエンスの条件

    「オーディエンスの条件」とは、フォロワー、行動、キーワード、興味関心などTwitter上での行動で情報を得る広告手法です。

    実際にユーザーの行動からターゲットを設定することで、リアルタイムで関心を持っているユーザーに対して広告を打ち出すことができます。

    TwitterのようなSNS上でリアルタイムの投稿を行うメディア独自の広告手段といえます。

    Twitter広告における4つのクリエイティブタイプ

    様々なクリエイティブで配信できることが、Twitter広告の特徴です。

    では、それぞれどのようなクリエイティブタイプが存在するのか、メリットを添えて解説していきます。

    文字のみのタイプ

    ※参照:Twitter for Business-広告クリエイティブの仕様

    文字のみのタイプとは、テキストのみで構成された広告です。

    日本語140文字、もしくは英語280文字で構成され、文章のみ用意すればいいため比較的簡単に投稿できることがメリットです。

    注意として、文字だけでは一般のツイートと見分けがつきにくくユーザーの印象に残りづらいため、下記で解説する画像付きタイプや動画付きタイプをおすすめします。

    画像付きタイプ

    ※参照:Twitter for Business-広告クリエイティブの仕様

    画像付きタイプとは、テキストと画像で構成された広告です。

    文字数は同様に日本語140文字、もしくは英語280文字で、画像は4枚まで添付することができます。

    文字だけでは伝わらない内容を画像を利用して伝えたり、ユーザーの目を引く魅力的な画像を使用したりと、目的に応じた画像を使用できるメリットがあります。

    動画付きタイプ

    ※参照:Twitter for Business-広告クリエイティブの仕様

    動画付きタイプとは、テキストと動画で構成された広告です。

    文字数は同様に日本語140文字、もしくは英語280文字で、2分20秒までの動画を添付することができます。

    動画では画像以上に複雑な情報をわかりやすく伝えることが可能で、投稿が表示されるとともに自動的に再生されるためユーザーの目を引きやすいというメリットがあります。

    カードタイプ

    ※参照:Twitter for Business-広告クリエイティブの仕様

    カードタイプとは、テキストと「サイトのURL」や「アプリのインストール」を行うことのできるカードで構成された広告です。

    テキストやカードに惹かれたユーザーを逃さず、サイトへの誘導やアプリインストールへつなげられるというメリットがあります。

    カードタイプには以下の3種類が存在し、目的に応じて使い分けることも可能です。

  • ウェブサイトカード(自社サイト)
  • アプリカード(アプリダウンロード画面)
  • カンバセーショナルカード(二次拡散のためのツイート生成ができるハッシュタグ)
  • Twitter広告の効果を最大化する3つのポイント

    実際にTwitter広告を活用する際にどうすれば広告効果を最大化することができるのか、3つのポイントを紹介します。

    ライティング、クリエイティブ作成にこだわる

    拡散性が高いTwitterならではのメリットを活かして、誰かに教えたくなる(=リツイートしたくなる)ようなライティング、クリエイティブ制作を行いましょう。

    ユーザーにとって魅力的なものでなければ、投稿が拡散されることは難しいです。

    広告の内容にとことんこだわり、ユーザーから支持される投稿の作成を目指すべきです。

    一つの広告に複数のフォーマットを用意して検証する

    訴求力の高いツイート(フォーマット)を用意して実施することもできますが、おすすめは複数のフォーマットを用意して運用し、分析することです。

    動画広告、ウェブサイトボタン付きの動画広告、画像付きツイート、文字のみのツイート、参加型の投票機能付きツイートを展開すると、ユーザーの反応が見れて以降の広告運用にも繋がります。

    1つのフォーマットにこだわらず、どのフォーマットがユーザーからの反応が良いのか、分析を行って最適な運用を行いましょう。

    通常のアカウント運用も大切

    広告をきっかけに興味を持ったユーザーがアカウントを訪れそのままフォローしてくれたりと、新たなフォロワー獲得にも繋がります。

    そのときに普段の投稿がされていなかったり情報が古いと離脱してしまうこともあるので、日々のアカウント運用も並行して行うことがポイントです。

    普段から継続的なアカウント運営を行い、フォロワーの離脱率を最小化しましょう。

    【業界別】Twitter広告の成功事例3選

    最後に、実際にTwitter広告を活用した成功事例を3つ紹介します。ぜひTwitter広告運用の参考にしてみてください。

    【ゲーム】マグラムロード

    MAGLAMLORD case
    ※参照:マグラムロード公式Twitterアカウント@MAGLAMLORD

    まず一つ目は弊社でご支援させて頂いたPC・モバイルゲームの制作をしているD3P・パブリッシャー様。

    投稿内容の企画から投稿文作成、投稿実務、レポーティングといった通常の運用代行に加え、フォロワーアップキャンペーン企画でTwitter広告を活用しました。

    ターゲットにあった広告設定やクリエイティブを起用した結果、アカウント開設から半年で約2万人のフォロワー増加に繋がりました。

    【化粧品】HOUSE OF ROSEの事例

    houseofrose case
    ※参照:ハウスオブローゼ公式Twitterアカウント@houseofrose_pr

    「ハウスオブローゼ公式通販」は、定番の主力商品3種類に加えて、限定の商品5種類程度を時期に合わせて広告として発信するとともに、商品の情報をリアルタイムでユーザーに届けています。

    ターゲットを若い女性に絞り、ユーザーの目を引く魅力的な写真や商品紹介を行っています。

    広告を打ったことで、フォロワー数の増加や商品のリアクションの高さを感じており、それぞれの商品のリアクションやエンゲージメント数を見ることで改善につなげています。

    【商業施設】銀座マロニエゲートの事例

    ※参照:マロニエゲート銀座公式Twitterアカウント@marronnierginza

    「マロニエゲート銀座」は、おもにトレンド情報や新商品の紹介、イベントのお知らせなどに絞ってTwitter広告を打ち出しています。

    広く宣伝したいときには、全館のテーマに沿ったビジュアルを使用しイメージを統一、フォロワー数を増やしたいときには、反応の良いフォトジェニックなビジュアルを使用するなど、目的に応じて投稿内容に変化を加えています。

    Twitter広告によって、オープン時や商品紹介時にフォロワー数の大きな増加につなげることができています。

    さいごに

    本記事では、Twitte広告の特徴やメリット、利用時のポイントや成功事例について解説しました。

    Twitter広告はTwitterの収集している詳細なデータによって、上手にターゲティングすることで高い広告効果を得ることができます。

    定期的にTwitter広告を活用し、複数のフォーマットを並行して利用・分析する必要がありますが、「工数が足りない」「Twitter広告をどう利用し検証すればいいのかわからない」という企業もいるかと思います。

    そんな時には、1,000社以上のSNSマーケティング実績のあるオリナスにぜひ1度ご相談ください。

    こんなお悩みありませんか?

    ・複数のSNSを活用しており更新することが目的になっている

    ・自社チャンネルの効果測定ができておらず成果が測れない

    ・どのような方向性で運用をすれば良いか分からない

    1,000件以上の企業様のSNSマーケティングを手掛けてきたオリナスが、企業目的に合ったSNSの選定から自社の強みを生かせるコンテンツの企画まで、どのようにサポートしているのかTwitterの特徴やプランについて資料にまとめました。

    お気軽にお問い合わせください

    サービスに関するお問い合わせ、ご質問、ご不明点などございましたらお気軽にご連絡ください。
    課題やニーズをお持ちの場合には、当社より無料で企画提案を行わせていただきます。

    お電話でのお問い合わせ

    03-6382-6840

    営業時間:平日10:00~18:00

    メールでのお問い合わせ

    お問い合わせフォーム